金光駅観察1[5]

金光駅にやってきました。

無宗教のワタシでもダイヤ情報の「金光臨」「天理臨」から何となく判りますね。鉄分の濃い人ならばどんな駅か気になるのではないかと思います。



前寄りに乗ったら降りてすぐに跨線橋階段がありました。ずいぶん古そうな雰囲気です。

現在は2面3線なのですが、3番線外側に島式ホーム跡がありました。

元は3面5線の大きな駅だったのですね。
今は線路のないその島式ホームへはレール製支柱の跨線橋となっています。

2・3番線からの跨線橋階段はもう少し古いタイプですね。

鐵道院・大正4年の刻印があります。確かに半田駅や蔵本駅と似た支柱です。
階段はアングルと平板でトラスを組んでいます。

ブレースにリング式ターンバックルが使われているのもこの時期の跨線橋の特徴です。

跨線橋福山寄りの上屋はレール製で曲げのないタイプです。

1番線ホームも垂直支柱はレール製のようですが、屋根梁を受ける部分は平板で補強されています。

今は使われていないホームの上屋もレール製ですね。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1