金光駅観察3[7]

金光駅駅本屋福山方の上屋は駅本屋外壁にレール製のアーチを渡してありました。

何となく国鉄の香りが感じられるのはワタシだけでしょうか?



改札は自動改札機が取り付けられていました。

改札を抜けて待合室側から構内を記録、改札向かって左手が駅員室です。

駅前広場はそれ程広くはなく、高い建物もありません。

駅前広場から駅本屋を記録、緑色の屋根瓦ですね。

駅本屋向かって左手・レール製上屋となっている部分は元荷物用上屋でしょうか。

待合室は比較的狭いモノのちゃんとベンチが据え付けられていました。

再び構内に戻ります。改札入って左手・岡山方にも跨線橋があります。

この規模の駅で跨線橋が2つあるというのは珍しいですね。やはり4・5番線が現役だった頃のピーク需要が大きかったのでしょう。
岡山方の跨線橋階段は構造材がレールです。福山方ほどではありませんが古い造りですね。

跨線橋付近の1番線外側には貨物取扱施設跡が残っていました。

こうして見ると結構歴史のある駅なのですね。
まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1