向河原駅観察1[16]

武蔵小杉の一つ川崎方、向河原駅です。

改装された駅が多い南武線ですが、少し古い施設が残っている駅です。



2面2線ですが、2番線外側にはもう1線あったような雰囲気です。

2本の対向式ホームは跨線橋で結ばれています。

2番線川崎方、途中で上屋構造が変わっていますがどちらもH鋼ですね。

跨線橋はレール製、両側に階段が付いているタイプです。

1番線の跨線橋支柱もレール製、曲げずに直線レールを組み合わせています。

跨線橋脇の上屋は支柱からアングル出して梁としています。

跨線橋階段の上り口、ホーム付近には壁がなくて手摺が取り付けられているタイプです。

2番線立川方も上屋支柱はH鋼になっていました。

一方で1番線立川方、駅本屋寄りは木製上屋が残っています。

ようやく古い構造が出てきたな。
まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1