笠岡駅観察5[16]

笠岡駅1番線から福山方場内を記録しています。

1番線外側に貨物取扱施設跡のような駐車場がありますが、確かに福山方から分岐していたようなスペースが残っています。



駐車場外側には土留めもあります。

貨物ホーム跡ではないだろうけどな。
今やコンテナ列車がバンバン通過するだけですがね。

再び駅本屋側に戻って1番線福山方の上屋、中央支持1本タイプの凸屋根です。

妻はありませんね。
更に駅本屋方に進むと上の構造の上屋と直線レールを組み合わせた駅本屋前の上屋の接続部が出てきました。ココには妻がありますね。

この付近に駅本屋2階に上る階段もありました。

ちなみに2・3番線福山方の上屋端には妻があります。

改札前を通り過ぎて構外から見て塞がれていたトイレ部分を構内から記録します。

元々柵はあったのですが板まで貼っているのですね。
1番線も観察し尽くしたので跨線橋を渡ります。

屋根はアングルを梁にしています。
2・3番線を岡山方に進んでみます。

上屋はH鋼による両端支持2本支柱となっていました。
まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1