浜川崎駅観察1[20]

何となく雰囲気が好きなので一筆書きの際にはルートに含めるコトの多い浜川崎にやって来ました。

錆びかけた国鉄スタイルの駅標は変わりがありません。



島式ホームっぽいのですが1番線は柵があって使えませんから、2番線のみの実質1面1線櫛形ホームとなっています。

尻手方は延長された上屋でH鋼製ですが、駅本屋寄りは木製の上屋です。

木製上屋は凸屋根ですが、増築上屋は凹屋根ですね。

木製上屋端は妻もあります。

木製上屋は一般的な軸組ですね。

屋根は板張りのままで、工業地帯の中時代に取り残されたような感じです。

2番線には車止めがあります。

1番線目の前に朽ちたスイッチゃー、だいぶ前から放置プレイされていますね。

1番線を過ぎた線路は扇島方面に延びています。

と言っても営業運転はしていませんがね。
まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1