浅野駅観察2[27]

浅野駅12番線ホームに移動して3番線側を望んでみます。

大きく左に曲がっていくホームで、鶴見方ホーム端しか見えません。



鶴見方に進んで上屋を記録、海芝浦支線のホームに沿って上屋があるコトがわかります。

更に1・2番線ホームを鶴見方に進んで上屋を記録、妻が見えますね。

ホーム側は当然としてホームではない側も線路に平行に上屋を作る意味があったのか....よくわかりませんね。

鶴見方の線路はとても忙しくて何とも模型的です。

構内全景、高徳線池谷駅とはまた違った分岐ですね。

ホーム端付近、貨物線と海芝浦支線の交差はシングルスリップですね。

また戻って3番線上屋を少し下から見上げてみます。

木造の軸組って温かみがありますね。
1・2番線は扇町方に構内踏切があります。

1・2番線と4番線の乗換、すなわち浜川崎方面と海芝浦方面を行き来する場合は構内踏切を2度渡るコトになります。それ程長いホームではないとはいえ、ちょっと不便な造りですね。
3番線に戻って4番線駅標、改装されていますが国鉄式スタイルを保っています。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1