西大分駅観察1[32]

西大分駅に着いたら415系が上って行きました。

大分付近でも国鉄近郊型車輌が見られるのですね。



駅構造は島式1面2線で簡単なレール製上屋があります。

博多方ホーム上に駅員室があり、改札もホーム上にあります。

改札を出てから振り返って記録、簡易自動改札もあります。

きっぷ券売機は東別府駅にあるのと同じタイプです。

ホーム改札上に乗り場案内があります。

ホーム上に改札があるというと地元千葉周辺では求名駅や鹿島サッカースタジアム駅あたりでしょうか。
さて跨線橋、壁が黄色です。

水平部も同様、パネコート張ってるみたいだな。

西大分駅は貨物駅もあって、跨線橋からはコンテナが見えます。

跨線橋の階段を降りるとまた建屋があります。

コレが元の駅本屋なのでしょう。
まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1