初狩駅観察3[50]

初狩駅本屋に向かって右手にはトイレや倉庫があり、その奥はスイッチバック駅跡が見渡せるようです。

人影も少なくて長閑ですな。



早速覗いてみます。駅本屋並びにレールを下ろす設備があります。

元旅客ホームのような気もしますが、駅本屋との配置がおかしいので貨物ホーム跡でしょうか?
左手の一段高い築堤は本線と現ホームがあります。

付近の案内図、この地区だと登山がメインでしょうか。

いま一度構内に戻ります。駅本屋構内側庇の中、こんな雰囲気好きなんだよな。

転轍機もあって、正しいローカル駅っぽい雰囲気です。

構内通路から振り返って駅本屋側、駅前広場まで見えているのがステキですね。

構内通路からスイッチバック駅末端側を見てみます。

現役時代には線路間隔が広くなっている部分に島式ホームがあったのでしょうか?
向こう側に踏切があるようなのでぐるっと回ってみました。末端側踏切から構内を見渡してみます。

右手の広くなっている部分がホーム跡のように見えますが、支柱類が結構古そうなので違うのかな?
反対側の車止めも記録、ちゃんと機回しできる構造になっています。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1