三ヶ根駅観察1[14]

頂き損ねた駅を地味に拾いながら上っていきます。熱田の次は三ヶ根、普通列車しか使えないので1時間ほど掛かりました。

上り側の三河塩津駅はワタシの記憶にはナシ、調べてみたら1988年に開業した新駅なのですね。いやもう25年以上経っていますから「新駅」というのもナンですが。



駅構造は対向式2面2線です。

ホームの裏側に線路が敷けそうなスペースもありますが、三ヶ根駅は1967年開業と比較的新しいうえに請願駅のため旅客営業のみだったようです。一応将来的に含みを持たせた配置としているだけで、線路が敷設されていたというワケでもないようです。

比較的新しいせいか、1番線下りホームも....

2番線上りホームも上屋はH鋼製のシンプルな造りです。

停車する列車も朝夕を覗いて1時間に2本です。

橋上駅となっていて、跨線橋階段を上ると改札があります。

改札出て左手が簡単な待合室。

右手は駅員室と自動券売機。

1台のみ設置されています。
改札を背に進むとT字になっていて、駅の両側に降りられるようになっています。

上の写真は右手・西口側に降りる階段です。
まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1