新居町駅観察3[18]

新居町駅1番線の名古屋方です。

ホーム外側にはどう見ても側線があったような雰囲気です。



もう少し進んでみます。外側駐輪場は一段低い所にありますが、その手前駐車場は貨物施設跡でしょう。

1番線は外側に線路があったような曲線を描いています。

完全に2・3番線が本線となっていて1番線は副本線扱いですね。但し出場信号機はありますから旅客扱いは出来るようです。
ホームがあるのに方向表示のない1番線、何だか違和感がありますね。

2・3番線を浜松方に降りてみます。

階段が狭いな。
降りてすぐはH鋼製の上屋ですが、さらに進むとレール製の上屋が残っていました。

両端支持2本支柱タイプの上屋ですね。シンプルで美しいな。

建物資産標によると昭和31年3月だそうです。

上屋端の支柱は少し変わっていました。その手前まではホーム中央側のレールが曲がっているのですが、上屋端だけ曲げられずに直線のままです。

妻板があったためカタチを変えているのでしょうか?

や、妻板を貼るならサポートのレールがありそうなものですがそれもないしな。ちょっと謎の上屋端でありました。
新居町駅はコレでオシマイです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1