弁天島駅観察1[19]

新居町の隣駅、弁天島駅です。

浜松?豊橋間を地道に拾っています。



車窓から何度か見ていたのですが、豊橋方に使われていない階段があります。

花火大会用の臨時階段のようです。
更に豊橋方へ、異様にデカい上屋が特徴的な駅です。

逆ガルウィングの外側にもう1スパンあって、4本支柱の上屋とはかなり珍しい規模ですね。
豊橋方に進むとアンダーパスしている道路の空気穴(?)があり....

その先ホーム端まで進むと豊橋方は舗装されていないもののスロープとなっています。

但しこのスロープは現ホーム幅はなく、ホームが拡張されたような跡のある部分までの幅となっています。

やはり途中で拡張されたのでしょうか。
とはいえ、上屋の屋根梁として使われているのはレールであり、接続部であると思われるあたりも不自然な継ぎ目は見当たりません。

不思議な駅ですね。

ホーム幅は広いのですが、上屋支柱はホーム際にあるのでそんなに余裕があるようには感じません。

臨時階段も立派ですよ。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1