弁天島駅観察2[20]

弁天島駅を浜松方から豊橋方に進みます。駅中央付近の駅員室付近よりも浜松方の上屋支柱はレール製でなくパイプ製になっている部分もあります。

部分的に取り換えられたのでしょうか。



更に、枕木方向は狭くなっていました。

やはりもともと両端支持2本タイプの上屋だった気がしますよ。
戻って浜松方、ホーム上に改札があります。

駅員室にきっぷ売場までホーム上ですよ。

さすがに広いホームだけあるな。
待合室もありました。

何となく乗り辛いイメージのある豊橋?浜松間ですが、蒲郡?豊橋間よりは列車本数も多くなっています。

では改札を出てホームを降りてみます。

築堤上を走っているので跨線橋ではなく地下通路となっています。

浜名湖の浮島にあるような雰囲気の立地です。

駅前にはR1旧道、バイパスがあるせいか車は少なめでした。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1