原駅観察2[25]

原駅跨線橋階段を1番線に降ります。

古い構造ではありますが内装は改装されていますから面白みはありません。



ホームに降りて改札側、木製の上屋支柱が続きます。好きな光景ですよ。

左手には煉瓦製の倉庫があります。

明治33年製なのですね。凄いな。

なまこ壁風にしている駅本屋外壁の横に自動改札機、何だか違和感があるよな。

改札を出て左手には名産品が並んでいます。

地方駅っぽいですよ。
改札向かって左手に駅員室があるタイプです。

自動券売機は2台、意識的なのかJR東海の路線の方が多く描かれています。

名産品を展示している並びにはキオスクが営業中でした。

地方の小さな駅からキオスクがどんどんなくなっている中、営業を続けて欲しいものです。
駅前に出て振り返り、駅本屋を記録します。

ちょっと狙い過ぎている気もしますが、古い木造の駅本屋ですね。
まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1