上総松丘駅2[10]

線路が撤去されたホーム跡から上総亀山方を望みます。

草生していますが、これだけのスペースがあるというコトはホーム外側に複数の側線があったのかもしれません。




ホーム跡には木が植えられてシッカリ保守されていますが、ホーム端はまだちゃんとしています。

駅標、現ホームは狭くて正面から記録するのが困難です。

木更津方まで同じホーム幅が続いています。

木更津方のホーム外側は埋められたような跡になっていました。

敷地境界の柵を見ると島式ホームだったような雰囲気はあります。

木更津方ホーム端の形を見ると少々狭まっており、やはり島式ホームだったようです。

振り返って上総亀山方。

向かいのホームは後から延長されたようです。

一方で現在使われているホームも木更津方・上総亀山方共に延長されて今の形になったようでした。

上総松丘駅、そして2016年11月の久留里線駅観察はコレでオシマイです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2019年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1