下総松崎駅4[38]

小さいながらも車寄せがありました。

支柱は太く、ちゃんと塗装されていて手入れされていますね。



関東ふれあいの道の案内がありました。

駅の反対側を少し進むと印旛沼となります。
再び駅本屋内、出入口上や....

きっぷ売り場窓口上にはツバメの巣があって、フンが落ちないようにガードをしてありました。

ラッチも昔ながらでいい雰囲気です。

一方で軒の支柱は現在のタイプ。

方面案内は駅本屋壁の低いところにありました。

竣工は大正15年1月、やはり古い駅本屋です。開業は成田鉄道としてなのですが、大正9年に国有化されていますから鉄道省の建設ですね。

付近のローカルな雰囲気とはそぐわないようなにぎやかな路線図です。

きっぷ売り場窓口の営業時間外は自動きっぷ券売機も使えないのでしょう、乗車証明発券機も設置されていました。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2017年3月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ランキング

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1