本山宿[4]

途中、バス停もあったりして休もうと思えば休めるのですが、たかだか5キロほどの道のりなので歩き続けます。

中途半端な距離で休むとかえって疲れちゃうんだよな。



日出塩向かって右手に中央線、線路を見ながら歩くのは楽しいですね。

薪が積み上げられた家もあったりして、当然ながら房総とは異なる暮らしがあります。

「本山そばの里」には心惹かれますが先を急ぎます。

周囲に古い家が増えてきました。

殆どの家に表札だけでなく屋号が掲げられています。

更に進むと見事な旅籠が出てきました。

丁度その前には案内看板。

江戸時代からの建物ではなく明治2年に再建されたようです。

とはいえ明治2年といえば1869年ですから140年近く経っています。
窓枠も木枠のままで当時の姿なのでしょう。

や、建設当時は硝子ではなく障子だったのかも知れませんね。
まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1