小野新町駅4[37]

待合室内部はいわき方・郡山方共にシンプルでした。

雰囲気的には大正後期から昭和初期の竣工でしょうか。



列車も発車の時間のようです。

間もなく、郡山に向けて発車していきました。

花壇には「ようこそ小野新町駅へ」の看板があります。

ちょっとしたローカル駅ではよくあった看板ですね。
水道の跡もありました。

SL時代は活躍していたのでしょう。
待合室も階段室も趣のある木製上屋です。

ホームから駅本屋、屋根は改装されているのですね。

地下通路入口は飾り壁もあって重厚な感じです。

駅本屋側地下通路階段室も明り取り窓付近がオシャレですね。

地下通路と言っても駅本屋は線路よりも一段低いだけなので、半地下のようなカンジです。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2017年8月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ランキング

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1