寛政八年[22]

[千葉県道24号千葉鴨川線 その26]

白塚陸橋を下りていきます。

ココまでK24は内房線の海側を通っていましたが、この後山側を通るコトになります。



下り切ると歩道が折れています。

その先、古い橋がありました。昭和三年か五年かわかりませんが、そこそこ古そうです。

陸橋が出来る前はこの道で内房線と平面交差していたのでしょう。

その先馬頭尊がありました。

寛政八年・1796年ですね。

姉崎方面に進みます。

姉崎新田バス停。

よく見たら「平日」「土日」「年末年始」と3つの時刻表があるのですね。

時刻表見ていたらバスがやってきました。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2019年6月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1