郡[7]

[千葉県道298号絹郡線 その5]

大貫側からの登りは木が迫っていてよく見えなかったのですが、君津側への下りは開けていてたいした高低差ではありません。

先が見える・見えないで雰囲気がだいぶ変わりますね。



下ったあたりにヘキサ、地名は郡です。

振り返ってダム側。

立派な堰堤ですね。

道沿いに碑、明和八年かな?

碑の裏側。

設置されていたのは正福寺でした。

過ぎるとすっかり平地となります。君津ICまで4.5kmです。

上り車線にヘキサ、地名はやはり郡。そろそろ終点ですね。

進むとT字路となります。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2019年7月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1