北の国から その5

札幌駅5番乗り場に戻ってきたのは21時半ちょっと前でした。今回乗る列車ですが、個室が取れなかったので北斗星は潔く諦め、まず乗るコトが無いであろう列車を選んでみました。それが札幌発青森行き急行「はまなす」です。東京までのルートは
札幌?(はまなす)→青森?(つがる)→八戸?(はやて)→上野
ですな。札幌からこんな帰り方するヒトはまずいないだろうなぁ。こんなコトばかり考えているからカミさんに「旅行」と言われるんですがね(^^;
入線待ちの間、ホームに掛かった札を眺めます。ひと昔前は優等列車が停まる地方主要駅なら普通に見られるモノでしたが、最近はトンと見なくなりましたね。


駅員さんに聞いた入線時刻21時38分にヤツはやってきました。

ほう、北斗星と同じカマなのですね。こりゃ朗報ですな....って、ナニがじゃ?(^^;

見えづらいですがちゃんとヘッドマークも出ています。

「はまなす」専用の寝台車なのですね。

スハネフ14 551でした。

次は金帯オハネ24 502。

寝台車は2輌、あとは座席車です。きぃーっ、14系ですよ!

編成の両端の「フ」は自由席なのでした。スハフ14 551、500番台ですね。

....と、次の車輌はヘンテコリンな窓配置。

あ、長くなるのでまた明日。
何だか安モノのバラエティー番組みたいだな(^^;

Comments [4]

今度はカマが収まりましたね。確かに帰りのルート選択は「旅行」
と言われても仕方ないかも(^_^;)。

「はまなす」は客車7輌しかありませんので入りきりました。
ま、帰りは金曜午後ですのでこの位の嗜好性のある帰り方もいいのではないかと(^^;

今や、寝台座席混結も、この列車くらいですからね。
見たい!
乗りたい!!
触りたい!!!

にひひ、羨ましいでしょ?(^^;
古き良き時代をちょっとだけ感じさせる列車なのでした。

混結、客車列車としてはそうですね。
叶わなかったものの本当は一番見たかった特急「まりも」もありますね。そちらの方が
見たい!
乗りたい!!
触りたい!!!

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1