北斗星+あけぼの乗車?その6

ロビーカーを過ぎるとまだ客室です。

非鉄旅行者が「北斗星」にナニを求めるか判りませんが、満足出来る車輌かというとビミョーな気がします。「鉄」な人間にとってはアタリマエな車輌も、「非鉄」な方には満足いかないのではないかと思うのですよ。


ちなみにスハネ25 502です。

お次はスハネ25 552、JR北海道車輌です。

通路は白熱灯を使った、落ち着いたインテリアです。コチラの方が受けがいいだろうなぁ。

JR北海道らしい案内ですね。

次もJR北海道車輌。

オハネ25 566です。

次はオハネ25 564。コレもJR北海道ですから期待できますね。

車掌さんが検札中でした。やはりシックな雰囲気です。

洗面の鏡も考えられていますね。

次の車輌もいい雰囲気です。

オハネ25 562でした。

乗るなら北海道編成ですね。いやまぁ個室内はどうだか判りませんが(^^;
今日はココまで。

Comments [4]

ながーぃこと乗った記憶が無いのであれだが。
いまは東と北の混合編成なの?
いくら同じJRとはいえ同一行き先の編成なのにあまりありえないと思われるのだが。

こんばんわ?

大宮過ぎて、そろそろ黒磯駅通過でしょうか(笑)

黒磯駅2番線ホームから、鼻水垂らして
撮影していました(寒)
このあとのレポが楽しみです!!

1往復ですから混結になるのでしょう。ちと寂しいですな。

えっと、宇都宮にも停車しますから黒磯通過はその後ですね(^^;
毎度のコトながら引っ張ってます。帰るまでに「その」いくつになるのだろう?(^^;

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1