その17 東能代へ

駅構内を観察していたら東能代行き222Dがやって来ました。

岩館発で、能代での停車時間は客扱いのみですからあっという間に発車です。


ブレながらも乗った車番だけはゲット。キハ48 516でした。

前日は闇夜の中を走っていたので判りませんでしたが、やはり雪原の中を走っているのですね。

あっという間に東能代到着。モノクロームのような景色を見ていた後には701系がカラフルに見えますよ。

東能代まで来たのは東能代発の2523Dに始発から乗るためでした。この列車、深浦で2525Dに列車番号が変わるのですが、五能線を通しで乗ることが出来る唯一の普通列車なのですよ。「リゾートしらかみ」も通しで乗れますが、アチラは快速です。
で、2523Dは東能代まで乗ってきた222Dが折り返しで充当されます。列車は3連、乗った車輌の他にキハ48 1504。

キハ40 594でした。

五能線経由弘前行きのサボがタマランです。

東能代駅の待合室は「リゾートしらかみ」を模したモノでした。

千葉県民のワタシにとっては、なんとも遠くにいるんだなぁという列車案内板です。

その下を通って東能代の駅売店へ。先は長いですから念のため買出しをしておきます。
売店で買い物をしてホームに戻ったら能代?東能代1区間をピストンしている126Dが到着しました。

雪もそれほど激しくないのでまだあまり付いていませんね。
続きはまた明日。
 
 
「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1