大人の遠足14

村上駅に到着したのはほぼ15時でした。貨物側線跡を記録したら、長く伸びたワタシの影が入っちゃいました。

側線は2本あってコの字型のホームだったことが判りますね。




ホームには優等列車の乗車位置案内板が吊り下げられています。

この案内板があるのが特急・急行列車の停まる駅の証であり、主要駅としての条件のような気がするのですよ。駅モジュールでは再現したいモノのひとつであり、その形態を記録するのも今回の目的の一つでした。サイズは30cm×60cm位でしょうか、Nだと2×4mmで固定が難しそうですなぁ。
目隠しされた案内板もチラホラ、ナニなのか見てみたいですねぇ。

ホームにベンチがあるのは違和感ないですが、自転車が並んでいるのにはちょっとビックリ。

調べてみると駅のレンタサイクルのようです。ふむ、JRになってサービスが向上したのですな。
上の写真にもチラっと脚が写っていますが、跨線橋はやたらと近代的でエレベーターまで付いています。

こりゃどう見ても後付けですね。

さて、乗ってきた115系を観察していきます。ドアレールにヒーターが入っているようで注意書きがありました。

ココまでは真似しないかな。
車番は村上方がクハ115?2040。暖地型ですね。

モハ114?102

モハ115?116

と続きます。続きはまた明日。

考えようによっては新潟付近より村上の方が魅力的鴨=>「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1