GF2を持って夜のお散歩 その1

金曜晩の帰宅後、GF2にパンケーキレンズを付けて千葉小ループを散歩してまいりました。もう何台も使っているキヤノンのカメラならば例え新しくてもすぐに使えるでしょうしNikonでも多分使えそうな気はするのですが、家電メーカーのカメラですから回数を重ねないと慣れない気がするのですよ。「大人の遠足」では夜行に乗るコトも多いですし、夜のホームを記録するコトもよくありますから、夜の散歩は一石二鳥であります。
まずは例によって浜野駅へ。ホームに下りたら設定をいじる暇もなくすぐに電車が来ちゃいました。

試しにアスペクト比3:2で撮っていますが、GF2って基本4:3をトリミングしてマルチアスペクトと称しているようです。総ての画素を有効に使う4:3にしておくのが良さそうです。こんな所も家電メーカー製っぽいよな。




今回の目的は操作に慣れる・癖を掴むコトのほかに、35mm換算で28mmというひと昔前の広角レンズの画角でスナップを撮ってみるというコトもあります。この28mmという焦点距離ですが、35mm換算で45mmの40D+EF28mmF1.8USMや35mm換算で焦点距離35mmのG7ワイド端を使ってのスナップとはだいぶ違っていて、蘇我駅を降りてすぐに京葉線から降りる人々の多さを撮ろうと思ったら色んなモノが映り込んじゃったりします。

目で見てナニも考えずにそのまま直感的に記録するワタシにはちょっと難しい鴨。
結構広く写りますから、広さを出すにはいいかも知れません。どっと降りた後は人が殆どいなくなる京葉線の階段。

蘇我で外房線に乗り換えて大網へ。やはり広く写るな。

この付近から見える東金線ホームは28mm相当ではかなり遠くに見えます。

無機的な雰囲気を映し出すにはいい画角かもしれません。

パースが強いのが難点ではありますが、構造を記録するにもいいですね。

大網駅の外房線・東金線ホームの分岐も記録しやすい、と。

んなコト思ってたら東金線の列車がやって来ました。E233系が来たのでちょっとビックリ、多分通勤快速の東金行きがそのまま運用に入っているのでしょう。

ISO400で撮っていますが、ブログに使う程度であれば十分な画質かと思います。

もう1回だけ続きます。

何とも中途半端な散歩だな=>「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1