PENを持って散歩してみた2

先の土曜晩の散歩が終わっていませんでした。とりあえず終わらせておかないとな。

西船橋から乗った総武線各停は津田沼行きだったので津田沼で下車します。主要駅ではこのテの自販機も増えましたね。

片田舎の房総方面では見掛けませんよ。一説によると地震対策だというハナシもありますが....ホントですか?




乗ってきた津田沼行きはあっという間に行先表示が変更になります。

LED表示って風情が無いよな。
ふと見上げると行先案内表示に「あけぼの」運休の案内が表示されていました。

東北に加えて上越の雪の影響も受ける「あけぼの」の方が「日本海」よりも辛いかも知れません。「日本海」と「あけぼの」両方に乗ろうなんて考えは甘かったのかな?ちなみに渋谷で日曜日発の下り「あけぼの」運休の案内も見たなぁ。
さて、津田沼もいつの間にかエキナカが充実してました。

前来たのって....いつだったっけかな?工事中だった気はします。
開放でどの位ボケるかチェックしてみました。

さすがにF1.7ほどはボケないな。
この後、総武線快速で千葉へ。千葉行き「あずさ」がいました。

乗り通したい気もしますが、E257系に4時間近く座ってるのは拷問っぽいな。
僅かの待ち合わせで外房線がやって来ます。

34mm相当だと40mm相当より半歩から1歩寄らないといらんモノまで写りますね。ヒトが多いホーム上でスナップ撮る時には40mm相当の方が扱いやすい気がします。
で、外房線で例によって本千葉下車。

あ、今回もまた浜野から本千葉までの乗車券でした。

本千葉でとっとと出場して再入場しないと内房線が来ちゃいますよ。

この内房線に乗って浜野に戻ったのでした。

さてE-P1を持って2時間ほど散歩してみたのですが、GF2よりもカメラらしいカメラだというカンジがしました。質感も高くて撮っていても楽しいカメラですね。蛍光灯もあるような夜撮りにおいてWBは若干黄色味を帯びる傾向にある気がします。GF2で当初感じたような違和感は特に感じなかったのですが、コレはE-P1の操作感がいいのかGF2というかミラーレス機に慣れてきたせいなのかは不明です。まだ御紹介していませんが、日曜に「超有名な某お風呂屋さん」に行く時にもチョロっとだけ撮影しています。この時に以前ほどの違和感は無くなっていますから、最近GF2をよくいじっているお陰でようやく慣れて来たのかも知れません。
もう一つ、34mm相当のM.ZUIKO DIGITAL 17mm f2.8については若干写りが甘い気もしますが可もなく不可もなく、なんとも特徴を捉え辛いレンズに感じました。カメラを活かし切れていない気がするんだよな。カメラの雰囲気がいいだけに、もう少し何とかならなかったのかと思います。

結論としては
・E-P1の質感は抜群。
・ただしやっぱりミラーレス機、PENを買っていても最初は違和感を感じた(と思う)。
・キットレンズのM.ZUIKO DIGITAL 17mm f2.8はビミョー。だったら28mm相当がキットレンズとして付属しているGF2に40mm相当の20mmF1.7を買い足す方が幅が広がっていい。

えっと、半分自己暗示ですがGF2を買って良かった、というコトにしておこう。

かなり強引だな=>「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1