新居浜駅観察1[12年2月]

今回もいくつかの駅を観察してきました。本編と並行して観察編を上げていきましょう。

まずは本日の本編で到着した新居浜駅から。逆光で盛大なフレアが出ていますが、滞在した時間はどの位置から撮ってもこうなりそうなのでご容赦下さい。
駅本屋は2階建ての綺麗に改装された地上駅でした。駅前もつい最近工事が完成したような状態であり、店も少なくて生活感が感じられないツマラン雰囲気であります。




上の写真右手・今治方には線路沿いに道があるので、そこから駅の雰囲気を記録してみました。

柵ギリギリまで何かあったようにも見えますが、住友別子鉱山鉄道の国鉄連絡線跡でしょうか?
写っている駅本屋の反対側とを結ぶ跨線橋の上から駅の雰囲気を記録してみます。

今治方から高松方を望んでいます。1番線が単式、2・3番線が島式の2面3線の典型的な地方中核駅となっています。
但し右手にコンテナホームがあるのは大きな工場がある地域ならではですね。コンテナホームを記録しておきます。

コンテナホームと言っても以前から貨物取扱ヤードはあったはずですから、それを改造したものと思われます。
今治方を望むと見覚えのあるPFのいる位置もよくわかりますね。

あまりウロウロしている時間もないので駅本屋に向かいます。駅本屋は地方中核駅としては極めて一般的な雰囲気です。

JR四国は独自ICカード導入を果たしていないせいもありますが、未だ改札が残っているので駅らしい駅になっています。有人改札があるっていいよなぁ。
自動きっぷ売り場、表示されている路線がシンプルですね。

みどりの窓口も改装されて綺麗にはなっていますが昔の面影が何となく感じられます。改札部分に飛び出た改札口もいいですね。

改札向かって右手には食堂に....

KIOSKがありました。

この2点セットがあるのは正しい駅の姿ですよ。内装がもう少し古くて木がふんだんに使われていたらもっと良かったんだがな。
まだ続きます。

カテゴリー新設するかなぁ=>「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1