その26?寝台特急「日本海」の旅11

相変わらずクドクドと書き続けていますなぁ。我ながら呆れます....と言いつつも改善する気はないですがね。

日本海は2/13早朝の秋田駅に到着しました。

このあたりまで来ると降りる方もチラホラ見えます。それよりも作業服を着た係員さんが何人か乗り込んで来るのが見えました。




停車時間は4分あるので暖かい飲み物を買います。車体横には冬の厳しさを現すように氷の塊が点々と付いていました。

天候は比較的いいはずなのですがそれでもこうなんだもんな。
701系を見ながら発車です。

次の東能代には少し明るくなりかかった6時半頃、ほぼ定刻での到着です。

降りる方も目立ちますね。

この東能代からは「ヒルネ」扱いがありますから乗ってくる方がおられても不思議ではないのですが、この日は見当たりませんでした。ちなみに秋田から

乗ってこられた作業服姿の係員さんは車内を回っていて空いた寝台を片付けていました。東能代からの「ヒルネ」準備のために秋田から乗り込んだのです

ね。
反対側のホームには五能線の車輌が停まっていました。

とはいえ、「除雪のためにダイヤ乱れ」の案内がありました。列車密度が低いのでその説明もちょっとミョーな気もするのですがね。
再び列車は走り始め、廊下側の椅子に陣取ったワタシは車窓を流れていく白い世界を眺めます。あ、秋田で買った温かい飲み物が冷えないうちに朝メシに

しましょうか。

夜行列車に乗る時には食料は多目に持つというのが鉄則ですからパンを2個買っていますが、昨日喰った豚まんがまだおなかの中で元気にしているのでパ

ン1個だけでオシマイにしました。
20分ちょっとで鷹ノ巣到着です。

ホームは除雪中、降りたのはほんの数人でした。

動き出したかと思ったら早口駅にて列車交換です。

特急なんだから普通列車は退避させておけばいいのにな、と思いつつマトモにダイヤ通りに走らない列車は優等列車とみなさない、というコトなのでしょ

うか?
まだ続きますよ。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1