十和田南駅観察[12年2月]

街に着慣れないスーツを着た若者が溢れる季節ですね。ワタシにもそんな時代があった....かなぁ?

さて、大館から花輪線に乗って初めての長時間停車は十和田南です。長時間と言っても5分程度ですが、最低限の観察は出来ますよ。十和田南は構内踏切のあるスイッチバック駅となっています。

スロープの始まりはホーム幅と同じですが、路盤に近い部分はホーム幅よりも狭くなっているようです。とはいえ雪で見えないな。




踏み切りの向こう側に駅本屋があります。

こうやって列車を見ながら踏切を渡るってのも懐かしい感じがしますよ。

ちょっとボケてますが、素っ気無い改札ですね。

国鉄時代は駅員が配置されていてちゃんと改札を行なっていたと思うんだけどな。
広い待合室が寂しげです。

以前はこのあたりにKIOSKと駅そばがあった気がするんだがな。

そんな想いに浸っていたら踏切が鳴り始めました。ややっ、置いていかれちゃ大変です。コレにて十和田南駅観察は終了です。

で、次は?=>「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2017年8月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ランキング

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1