浜金谷駅観察2[12年5月房総駅めぐり5]

浜金谷駅の駅員窓口・切符売り場はよく見かけるタイプでした。

きっぷ売り場窓口が外を向いていた時、この付近ってどんな構造になっていたのか興味がありますね。ググっても出てこないんだよな、ってか調べ方がワカランのですよ。




改札は例によってSuica簡易自動改札機が設置されていました。

コレが設置されている駅で買ったきっぷって磁気きっぷなのでしょうか?だとすると入場記録が無くても出場できるようになってるのかな?
改札からホームの状況を記録しておきます。

駅本屋がホーム上面より一段低く、跨線橋で島式ホームと結ばれているのが内房スタイルですよ。
駅前の必需品、電話ボックスにポスト。ポストは古いタイプですね。

ホーム上の待合室を真横から記録しておきます。

出入り口は平側のみの切妻というのが房総地区の一般的なホーム上待合室です。
浜金谷はコレでオシマイ。

次は上総湊=>「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1