鷹ノ巣駅観察1[12年5月ちょっと遠出16]

早口駅を出て再度西進し、R7からK24を左折して着いたのが鷹ノ巣駅です。

平屋の駅舎ですね。調べても竣工時期は不明なのですが、今までのカンジからすると昭和30年代の竣工でしょうか。




入口入って左手にきっぷ売り場がありました。

右手には仕切られた待合室がありました。

ガランとしていますが、ホーム側を見るとこのあたりに何かあった雰囲気です。

写真じゃ判りづらいな。もう一つ、このアタリにも何かあった雰囲気です。

駅そばとKIOSKがあったんだろうなぁ。
構内、青森寄りに....

秋田寄り。

2・3番線は上屋支柱がレール1本タイプです。

初めて見たな、幅が狭いから1本でもいいのでしょうか。
1番線はレール天を合わせて2本1組で支柱にしています。

やはりコレが奥羽本線の標準なのか?
秋田寄りには秋田内陸鉄道の駅舎がありました。

車輌がいたら少しは楽しかった気もしますが....確か現代版レールバスだったと思いますから見なくていいか。

もう少し続きます=>「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1