壬生川駅観察2[12年6月大人の遠足・駅14]

壬生川駅の跨線橋は窓無しですが、この部分をよく見るとレール跡のようなモノがありました。

以前は窓があったような雰囲気ですね。老朽化のため撤去してそのまま、というコトでしょうか?




壁と屋根の間に隙間がある南国仕様なのは他の四国の駅と同様ですね。

上り特急が発車していきました。

単線ですから下り各駅停車は上り列車交換と下り特急退避のために長時間停車なのですね。
1番線跨線橋の基礎部分。

壬生川駅は主要部分はI鋼を、梁にはLアングルを使っているようです。
1番線松山方から見た雰囲気はとても特急停車駅とは思えないようなカンジです。

少なくとも東海道スジや東北スジでは各駅停車しか停まらない駅のような感じです。
跨線橋の脇には信号中継所がありました。

よく見掛ける窓のないタイプですね。
1番線の改札付近、1番線のホーム幅は結構狭いですね。

1番線高松寄りは伊予西条駅同様に貨物扱いホームがあったような雰囲気でした。

駐車場になっていますがこの膨らみ方はいかにも、ですね。

更に高松寄りにはポイントらしきものが見えます。

遠くて見えんのですが過去に専用線があったような事実は見つけられませんでしたから、安全側線なのかも知れませんね。
まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1