長崎駅観察3[12年10月大人の遠足・駅29]

長崎駅0・1番線の終端を記録します。

ホームと行き止まりの線路のセットってなんだか好きなのですよ。そうか、だから切り欠きホームが好きなんだな。




0番線上屋はあまり楽しげなモノではありませんでした。

一方で1・2番線ホーム諫早寄りは木を組んだ見事な上屋です。

支柱の組み方も素晴らしいですね。

支柱と上屋の梁の接続も見事な幾何学模様を描いています。

ペンキが剥がれ気味とはいえ大事に使われている様子が伺えますね。
3・4番線ホームは1・2番線ホームとは異なってレール製の上屋のようです。

観察が楽しみだな。
1・2番線ホームの諫早寄りにはJR九州のロゴの入ったボート(カヤック?)がありました。

更にその先には詰所があります。

ホーム上に大き目の詰所があるのが九州地区の特徴なのでしょうか?
さて、1・2番線の観察は終了、横を通るとどうしても記録したくなってしまう車止めを記録します。

レール天の方向にこのように曲げるコトが出来れば房洲軽便にも車止めを作れるんだがな。
まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1