袋井駅観察2[12年11月大人の遠足・駅6]

見える範囲で袋井駅1番線を覗いてみます。

ホーム幅は狭く、コンテナが近いですね。貨物列車が停まるコトが多いのなら立入制限もやむを得ないですね。




改札を出て駅本屋を記録しておきます。

鉄筋平屋の面白みのない駅本屋ですね。
ただ、シンプルなようで改札向かって左手にはコンビニがありました。

改札前は吹き晒してシンプルなタイプです。

雪国にこんな構造の駅があったら大変なコトになるだろうなぁ。
駅前は大きな建物もないかわりにそれなりに人が集まるような雰囲気でした。

では構内に戻ります。跨線橋の構造材がよく判るように記録します。

確かにレールですね。
こうして見ると新たに作られた跨線橋のように見えますね。

よく見ると結構レールが使われているようです。

H鋼も多いけどな。

屋根は波板が使われているようです。
4番線に続く通路の屋根はいかにも継ぎ足したような雰囲気でした。

L字アングルが多用されているのですね。
まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1