掛川駅観察1[12年11月大人の遠足・駅8]

袋井駅から次にやって来たのは掛川駅です。

基本的に新幹線停車駅は避けているのですが、新幹線停車駅の中で唯一木造の駅本屋だと聞いて興味を持ったのでした。




降り立ったのは2・3番線でしたが、浜松寄りの上屋はレール製でした。

レール底を合わせ、上部で開いて中央が下がった屋根を受ける比較的オーソドックスなローカル駅でよく見るタイプです。新幹線は停まりますが、そもそも掛川ってそんなに大きいイメージがないんだよな。
浜松寄りホーム端は嵩上げされていませんでした。

結構幅が狭いですね。
1番線は木製の上屋です。

ふむ、いい雰囲気の駅ではないですか。
1番線と2・3番線を結ぶのは地下通路でした。

右手は新幹線口ですから興味ナシ。地下通路は新幹線駅にしては細いものの綺麗に改装されていました。

さて北口側の改札前、ちょっとブレてますが木製の支柱と梁となっています。

改札はさすがに自動改札でした。

改札を出て構外から構内を臨んだカンジ、新幹線列車案内が無ければ新幹線停車駅には思えませんね。

駅前は綺麗に整備されていますが、それほどゴミゴミしたカンジはありませんでした。

ゆっくりと時が流れている雰囲気ですよ。

まだ続きます=>「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1