用宗駅観察1[12年11月大人の遠足・駅15]

金谷から次にやって来たのは用宗駅、2面3線のオーソドックスな駅です。

貨物輸送が盛んな頃ならば焼津も寄ったのですが、あまり楽しそうな匂いがしなかったのでパスして用宗まで来たのでした。




外装は綺麗になっていますが跨線橋の骨格は古いままです。

静岡地区はこのような跨線橋が多いですね。
内部は骨格が良く見えてステキですよ。

やー、タマランですね。

跨線橋から浜松寄りを臨みます。直線で美しい構成です。

1番線改札前、部分的に上屋が改装されていますがレール製の上屋も残っていて結構いい雰囲気です。

嵩上げした跡が残っている2・3番線ホームもいい味出していますね。

歴史を感じますよ。
改札前の上屋の雰囲気はなかなかのモノです。これだけ長く張り出している上屋もあまりない気がします。

改札は簡易自動改札が設置されていました。

外に出て構内側を記録します。

本線ではありますがローカル色が濃いですね。
まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1