熱海駅観察1[12年11月大人の遠足・駅34]

復路も大詰め、最後の駅観察となる熱海駅です。

何度か来ている駅ですし、最近も観察した気もしますが再度観察してみます。




上屋の構造材にはレールが多用されています。屋根の明り取りが多いですね。

屋根の材質はスレートではなく、薄い鋼板のようです。明り取り部分はPCかな?

熱海駅在来線は単式ホーム1面に島式ホーム2面の3面5線となっています。到着したのは2・3番線ホーム、隣の4・5番線ホームも明り取りが多くて明るい感じです。

屋根の構造がよく見えますね。
屋根は改装されて新しくなっているのですが、支柱はレールが使われています。

トラスと組み合わせてスパンを稼いでいますね。

支柱は綺麗に塗装されていますがトラスは古い塗装のまま、コントラストがちょっと面白いな。
トラスはL字アングル、梁はレールで支柱間にある梁補強もレールとなっています。

2・3番線は途中から上屋構造が変わっていました。

1番線は改装されて角パイプ製の上屋構造材ですね。

1番線は今ひとつ面白みに欠けるな。

まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1