日光駅観察4[12年12月大人の遠足9]

日光駅の終端側に進んでいます。東武ガードをくぐってようやく終端が見えてきました。

停車位置標は11連を示しています。こんなに長いの、ホントに来るのか?




一応終端部まで架線は引かれています。よく見ると1番線側も2番線側も架線がありますね。

駅本屋側を振り返ります。

レールが光っていますが....濡れていて光っているだけで、錆びていたと記憶しています。
3番線側にはヤードがあったようですが、レールも総て撤去されているようです。

上屋のある所まで戻ってきました。やはり上屋は素晴らしい骨組みです。

支柱は角柱ではなく丸くされている所がお洒落ですね。

水平の梁は1本物ではなく2本を組み合わせています。重厚感が増しているのはこのせいでしょうか?

駅標はレトロっぽくしていますが、折角なら木製にして欲しかったな。

終端寄りの支柱はピンク淡色でしたが、駅本屋寄りは塗り分けられていました。

線路側だけでなく駅本屋側も塗り分けています。駅本屋と統一間を出していますね。

うまいことレトロ感を醸し出しています。
まだ続きますよ。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1