日光駅観察6[12年12月大人の遠足11]

日光駅の跨線橋を観察します。上ろうと思ったら....今や跨線橋を使う定期列車は1本しかないのですね。

貴賓室まである駅なのに寂しいですね。




跨線橋の水平部はガランとしてました。

屋根と壁の間には隙間が無い北方仕様ですね。

梁はレールが使われています。
2・3番線に降りる階段、小さいながら踊り場がありました。

3番線のレールは撤去されています。

外側に少なくとも2線は側線があったようです。貨物ホーム跡も見えますね。
上屋支柱はレール1本、レール方向の補強はトラスではなくて1枚板となっています。

これまた珍しいな。
元3番線外側の側線跡宇都宮寄り、何だか寂しい景色ですね。

1番線の跨線橋脚柱はオーソドックスなタイプでした。

発車時間まで余裕が無いのでそろそろ1番線に戻ります。

慌ててブレてるし。
方向幕の文字がレトロっぽいのですね。

クモハ107?3に乗りました。

相方はクモハ106?3でしたとさ。

コレにて12月の大人の遠足は終了です。やー、今回は短かったな、反省もナシですよ。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1