新所原駅1[13年1月大人の駅観察41]

二川から隣の新所原にやってきました。

こうしてみると2面3線のなんてコトないローカル駅に見えますね。




ところが1番線駅本屋側には線路があり、その外側には車止めで終わっているもののかつては先に伸びる線路があった形跡があります。

水路を渡る橋は残っていますね。

1番線ホーム名古屋寄りは何事もなかったかのように真直ぐ続いていますが....

水路を渡った線路跡は明らかに東海道線の線路をオーバークロスしていたようです。

調べてみると新所原までの国鉄二俣線は豊橋方面に進んで東海道線をオーバークロスして下り線路に合流していたようです。なんとも豪華な線路配置だったのですね。
さて、新所原駅は上屋も改装されて面白みのない姿になっていました。

駅標、静岡県に入ったのですね。県境の駅のはずです。

1番線はH鋼中央支持タイプの上屋です。

枕木方向に底部は水平な太い梁を入れているのがちょっと珍しいですね。
2・3番線も基本的に同じ構造ですね。

1番線の駅本屋側には3セクでよく見られる軽快気動車が停まっていました。

天竜浜名湖鉄道天浜線の車輌ですね。以前観察した掛川駅と新所原駅を結ぶ旧国鉄二俣線を起源とする3セクです。
まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1