神田駅観察1[13年4月休日の駅観察24]

中央線快速に乗って神田駅に到着しました。

東北縦貫線はまだ工事中ですが、完成後はまた違う景色となるのでしょう。そういう意味でも駅の「今」を記録しておくコトって重要な気がします。



冒頭の写真は御茶ノ水・秋葉原方面を望んでいますが、反対側の東京方面を記録。

神田駅は島式3面6線の構造です。ホームの影になって見えませんが、以前は1番線外側に上野?東京間の連絡線がありました。東北・上越新幹線開通に伴って無くなりましたが、今はその上に東北縦貫線を建設しているワケです。
東京寄りは改装されてしまい、面白くもなんともない上屋ですが....

5・6番線中央付近から御茶ノ水方はアーチとトラスを組み合わせた上屋となります。

支柱はホーム端に2本あるタイプで、レールではなくアングルと鋼板を使っています。

支柱間にはトラスが渡されており、トラス中央部からアングル製の梁が出ています。

今まで見てきた駅はトラス下側からアングルを出していましたが、神田駅はアングルの上部と梁を接合させています。
所々に屋根を切り欠いて明り取りのPCを張っています。

階段を下りてみると....工事中ですね。

ガード下特有の雰囲気が嫌いではないのですが、改装されたら明るくなっちゃうのかな?
階段からホームを見上げると上屋を支えるアーチとトラスが見えるのも素敵ですよ。

この構造はホーム中央部付近はずっと一緒なのでした。

まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1