亀山で車輌観察[11]

亀山駅に入線してきたキハ48 6502の観察続き、運転席です。

塗装が変わっていても車内は一緒なのですがね。



車外に出て雨樋を記録。

津軽線盛岡色キハ40系を観察していて雨樋の有無も色々だったと記憶していますが、結局有無が何に関連してるのか判らなかったんだよな。いやまぁ改装したかどうかの違いなのでしょうけど。
塗装が異なる車輌が連結されているのはDCならではですね。

特にJR東海は塗装が統一されているイメージがあって、混結といえばステンレス製のキハ11の300番台と鋼製のそれ以外程度のバリエーションしか思い付きません。この編成はJR東海っぽくないですね。
車体裾にJRマーク、JR東海のコーポレートカラーだと目立たないですね。

一方でJR東海色....あれ、JRマークは車端にするとは限らないのですね。

帯の上に列車種別票差し、白なのですね。

キハ48 5001でした。

何となく好きな前面同士の連結部も記録。

3位側には標記が無いというコトなのでしょうか。

2位側はこんなカンジ。

まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1