新大久保駅観察1[13年5月駅観察21]

新大久保駅新宿方に降り立ちました。

狭いホームですね、中央支持1本タイプの支柱で改装後の姿です。こんな狭いところにもホームドア設置工事してるというのも凄いな。



少し上野寄りに進むと古い上屋が見えてきます。

レールを使った上屋ではあるのですが、こんな重厚な支柱は初めて見ましたよ。

よく見る枕木方向に曲げられた2本のレールを使った支柱が基本なのですが、そのレール方向前後に垂直に伸びる背中合わせのレール2本を配して計6本ものレールを使って1本の支柱としています。

随分モノモノしい支柱ですね。
左側は上屋端なので垂直に伸びているだけですが、右側はレール間に挟んだ平板を介してアングルを使ったレール方向の梁が取り付けられています。

トラス構造とはせず、単に支柱間のスパンでクロスさせているだけです。
但しこんなにモノモノしい支柱は上屋端だけで、上野寄りの支柱は一般的なレール2本タイプです。

ただ単にクロスさせているだけの簡単な補強ですね。

上屋端だけモノモノしいのかと思ったら、所々6本のレールを使った支柱がありました。

ホーム幅も狭くて上屋強度に不安があるのでしょうか?
そんな狭いホーム上にも詰所がありました。

狭いな、おい。
やはり何本かに1本は6本支柱があります。

番線表示はラインカラーを使わない古いタイプですね。何だか懐かしいな。
まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1