阿漕駅観察1[6]

阿漕駅にやってきました。

この区間はまだ列車本数もそこそこ多いのですが、多気よりも先に行くコトを考えると時刻表をよく調べないと大変なコトになります。



1番線はホーム幅も広く、上屋は木製でいい雰囲気です。

跨線橋支柱はレール製で悪くないのですが....

橋部はレール製骨格の外側を覆う壁が取り付けられていて全く面白味がありません。

しかし古くて「正しい駅舎」といった感じですね。

「便所」の看板がまた素敵です。用を足すためにお借りしましたが....ええ、ノスタルジックな臭いがしてムカシを想い出しました。
改札は簡易改札機すら設置されておらず、ラッチもなくてパイプ製のゲートがあるだけです。

無人化されたのは1983年と古く、きっぷ売り場だけでなく荷物扱い窓口も残されています。

駅本屋は無人駅と思えない大きなモノです。

結構引かないと全体が写らないって。

入り口向かって右手は最近まで開放されていたようですが、現在では壁で塞がれてしまっています。

まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1