多気駅観察1[13]

亀山から乗った参宮線は多気で紀勢本線と分岐するので多気で下車します。

伊勢神宮に行く際に通り過ぎたコトはありますが、下車するのは初めてです。



名所案内は伊勢神宮が近いコトを感じさせます。

「五桂池ふるさと村」はドラマのモデルになったレストランもあったりします。
駅自体は島式2面4線となっており、3・4番線ホームの上屋はレール製でした。

両端2本支持タイプなのですが、レール方向にレールを1本渡して補強としています。

このレールと支柱の接合は、分岐した支柱の間に入れた鋼板を貫通させるようにしています。初めて見るスタイルですよ。
1・2番線ホーム亀山寄り、ホームは長いのですが使われているのは新宮・伊勢市のみのようで、点字ブロックも設置されておらず寂しい雰囲気です。

反対の新宮・伊勢市方、跨線橋を中心に反対側が使われているコトが判ります。

3・4番線は跨線橋新宮・伊勢市方に詰所がありますがその付近は嵩上げもされておらず使われていないようです。

4番線外側には2本留置線があり、更に新宮・伊勢市方に引上線があるものの使用頻度は低そうです。

その留置線のホーム前にはキハ11の2連が停まっていました。

300番台もいて、亀山から阿漕まで乗った編成のような気がします。
1・2番線の跨線橋脚柱、ちょっと心細くなるような構造でした。

全体的に静かでひと気のない雰囲気です。平日午前中だからかな?
まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1