尾鷲駅観察1[22]

往路の目的地、尾鷲に到着しました。

「目的地」と言っても用事があるワケではなくて、時刻表と睨めっこしながらピストンできる目的地を決めただけですがね。



多気寄りホーム端に跨線橋がありますが....

日中は使われていないようで一時使用停止となっていました。

跨線橋自体は古い構造でオープンタイプです。

脚柱も質素でいいカンジですよ。

1番線上屋は木製、それ程大きくはありません。

シッカリ明り取りが付いていますね。
改札には新しいタイプのラッチがありました。

ラッチというよりはゲートっぽいけどな。
改札前を新宮寄りに進むと貨物ホーム跡を転用した保線用地が見えてきます。

柵が設けられていますが比較的オリジナルの雰囲気を残しているように思えます。

2線あったのですね。

尾鷲といえば海産物と檜が名産というイメージがありますが、そのあたりが主な取扱貨物だったのでしょうか?
まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1