金山駅観察[29]

名古屋から中央線に乗って金山駅に到着しました。

JRとしては2面4線となっており、1・2番線が中央線、3・4番線が東海道線となっています。ちょっと珍しいのは1・2番線と3・4番線の間に2面4線の名鉄の金山駅があるコトでしょうか。三重県内のJR・近鉄共用駅とは異なって改札も完全に別になっています。



名古屋駅を背にすると中央線は大きく左にカーブしています。

写っていませんが、この左手が名鉄でそのさらに左奥が東海道線となります。
ホームは掘割にあって日中でも薄暗くなっています。となみに上に掛かっている橋が金山駅となります。名古屋方面は多少明るいですが何となくゴチャッとした感が否めません。

駅はすっかり改装されていて楽しげな上屋も一切ありません。名鉄・東海道線ホーム側を記録、都会の駅ですね。

愛知県では名古屋に次ぐ大きな駅ですが、重厚な部分も残した名古屋駅に対して金山駅は総て新しくなっていて、ヲジサンにはちょっと物足りない駅でありました。

遠足初日終了、いよいよ次回から飯田線に入ります=>「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1