三河一宮駅観察4[35]

三河一宮駅駅本屋左手の貨物ホーム跡全景を記録しておきます。

ホーム以外の設備は残っておらず現役時代を推測するのは難しそうですが、貨物ホームが短いのでそれ程大きな規模ではなかったようです。



僅かに線路端の土留めは残っています。

引込線は2本あったかどうか、というカンジですね。

遺構左手に僅かに残る柵までが貨物取扱施設だったのでしょう。

柵の外側は駐輪場になっていました。

駅付近の観光案内に加えて....

市の観光案内もあります。

確かに豊川稲荷は有名ですが、こんなに観光案内ばかりもいらない気がするんだがな。
駅本屋に戻って辰野寄り妻を記録、丁寧な造りの木造駅舎ですね。

辰野寄りから貨物ホームにかけて、昔ながらのいい雰囲気です。

や、ムカシはもっと活気があったんだろうけどな。
白壁でコレだけ綺麗に保守されていると映えますね。

まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1