水窪駅観察1[52]

水窪駅は列車交換のため停車しました。

辰野寄り、山間を縫って走っているコトが判りますね。



豊橋寄りを望んでも既に山しかありません。

読みは「みさくぼ」ですよ。

辰野寄り2番線外側に貨物ホーム跡があります。

側線が2本あったりして、それなりの規模の駅だったのですね。
島式1面2線で駅本屋は1番線外側、構内通路で結ばれています。

架線柱の幅を見るともう1線位あったようなカンジですね。

貨物ホームの位置では2線だけどな。

駅本屋は比較的新しいようですか、昭和30年に出来た駅なのですね。新しいワケだ。

無人化されたのは2010年と比較的最近です。

荷物窓口も残っていてちょっと楽しいですね。
駅本屋を外から記録、小さな駅ですね。

新しいので駅本屋もあんまり楽しくないな。
まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1