馬立駅観察2[9]

馬立駅構内に入って五井寄りを望みます。

上りホームは五井寄りホーム端部分が少しだけ拡張されているようですが、下りホームは五井寄りがゴソっと拡張されているようです。上下線のホームがずれずにほぼ同じ位置にあるのは拡張されたためなのでしょう。



上りホームの上屋、支柱は角パイプ製ですね。

養老渓谷寄り、構内通路は養老渓谷方にあります。養老渓谷寄り上りホームは拡張された跡がありますね。

下りホーム五井寄りには貨物ホーム跡がありました。

平トロだの車軸が転がっていますよ。
倉庫も健在です。

五井方には小さな詰所もいくつか残っています。

五井方から駅本屋を記録、構内側も構外側も同じような回廊となっているのですね。

構内のベンチは駅本屋壁に直接取り付けられていました。

小湊にはよくあるスタイルですね。
回廊は軸組みがむき出しでシンプルなスタイルなのも小湊スタイルですね。

構外に出て貨物ホームをもう少し観察してみます。

まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1