馬立駅観察3[10]

馬立駅構外から貨物側線を観察します。

車止め付近に朽ちかけた車軸と平トロが放置されていました。



車軸は1本モノではなくてフランジで継いでいるのですね。

上にあるカバー(?)はバラストでも運ぶためでしょうか?

貨物ホーム端の石は朽ちてボロボロになっていました。

千葉で切り出した石を使ったのでしょうか?砂岩質なので切り出しやすい反面朽ちやすいんだよな。
五井寄りにはホームからも見えた倉庫、軽トラも停まってたりしてまだ何かに使われているような雰囲気です。

増設ホームの照明用のポールは木製でした。

貨物ホームから駅本屋方面、元々貨物ホーム車止め付近までしか旅客ホームが無かったようです。

馬立駅もいい雰囲気ですね。小湊はちゃんと駅設備を観察していなかったのでちょっと新鮮だったりします。
馬立はコレでオシマイです。

次はいよいよ里見駅=>「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1